大阪の珈琲専門店【煎りたてハマ珈琲】の代表 濱卓也の個人ブログ。珈琲に関することや珈琲以外のことも書きます。
by 濱卓也
ブログパーツ
フォロー中のブログ
橋本健二の目
そぼくなおかし。パン。
-------------------

煎りたてハマ珈琲
自家焙煎
煎りたてハマ珈琲


【喫茶の営業時間】
11:00~18:00
(L,O 17:30)
【コーヒー豆の販売時間】
09:00~18:00

【定休日】
毎週 木曜日

【電話】
06-6967-9080


hamacoffeeをフォローしましょうhamacoffeeをフォローしてちょんまげ

ランキング参加してます。もしよければちょっとだけクリックお願いします
↑ブログランキング参加してます。ぜひクリックお願いします。
ライフログ
カテゴリ
コーヒー豆
メニュー
焙煎機
日常のこと
ニュース
イベント
こだわり
器具について
珈琲教室
休日のできごと
おしらせ
メディア
キャメラ
コーヒー栽培
どーでもいい話
落語
ハマ珈琲の珈琲が飲める店
煎りたて新聞
教室受講者のお店
質問コーナー
内装
工事
エスプレッソニュース
その他
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
記事ランキング
画像一覧
会話
鬼はーソト
福はーウチ

節分の豆まき。

昔は家でもやった

いったいナニがどういう理由で豆をまくのかよくわからなかった頃、
母上に「こうやってね、玄関とか部屋に豆をまくのよ」と言われ、言われるがままに豆をまいた。

「おにはーそと、ふくはーうち」


僕は、子供の頃からこの福豆と呼ばれる大豆がそんなに好きではなかった。
ぼそぼそでパサパサやから。

で、こないだふと「大豆を煎ってみよう」って思った。

僕は今までさんざん珈琲豆を焙煎してきたけど、そういえば大豆を煎ったことがなかった。
そこで生の大豆を買ってきてさっそくチャレンジ。

d0158298_4361023.jpg


家の福豆も、いつからか拾って食べれるように落花生に変わった気がする。

それが、自分で煎った大豆は思ったより硬い。

ん?なぜ?
以前、黒豆を煎って失敗した時よりも軽めにしたつもりが。。。

ま、でも僕が思ったよりはおいしかった。
香りもよくて、歯ごたえもあって。

こういうもんなんかなぁって、思うようにしたけど、もしかしたら、まだまだ大豆君と会話がうまくできていなかったのかもしれません。

僕は、珈琲豆と会話することはできます。
アーモンドと会話することもできます。

ピーナッツ君とは、まだ片言の言葉でしか会話できてません。

大豆くんはゼスチャーを交えてなんとか伝わるかな??って程度。

もっと焼いて意思の疎通ができるようにならなければ…


------------------------------------------

「おにはーそと、ふくはーうち」


小学生の頃の僕にとって、“鬼”というと、桃太郎の話に登場する“あか鬼”だった。
市販の福豆にはだいたい、僕のイメージ通りの、あの赤い鬼のお面がついている。


「おにはーそと、ふくはーうち」

しかしこの呼び方にも色々あって、名字や地名に「鬼」とつく家や地域では、「鬼は(も)うち」と言うらしい。

鬼も鬼で、鬼の社会を必死で生きている。

なるほど。
一方的な見方では世の中おもしろくない。



d0158298_375744.jpg


「ボクのお父さんは、桃太郎というやつに殺されました」

これは、僕にとって衝撃の一枚でしたね。


2013年の「2013年新聞広告クリエーティブコンテスト」で最優秀賞を受賞した作品。

心を打ち抜かれました。



コピーは、「めでたしめでたし?」

『一方的なめでたしめでたしを生まないために、広げよう、あなたが見ている世界』



作者曰く、
「ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました。」


なるほど、

事実や実態は絶対解があるというわけではなくて、あくまでも主観(認識)ですので、それぞれの立場で違った見解が生まれるというわけですよね。
我々が見ているこの世の中も、もしかしたら誰かの都合によって作られた中だけの話であって、実はもっと視野を広げてみれば色んな考え方や価値観や思想を持った人たちがいて、みんなそれぞれ『自分が正しいと思う道』を生きているわけです。

その『自分が正しい』という気持ちが強くなればなるほど、他の考えを持った人たちを排除して自分の考えをより貫こうとしてしまいます。

-------------------------------------------

現実社会でも、西側と東側にわかれて思想や価値観が違ってよく対立したりしますよね。


先日、ISILによる2人の日本人ジャーナリストの身代金要求・殺害事件がありました。

この事件は、人の道を外した極めて残虐な行為と思います。
僕も強い憤りと怒りを覚えました。

絶対許せない行為ですよ。

僕は6年前ぐらいまで自衛官でしたが、当時はおそらくかなり志の高い隊員でしたので、「国から命ぜられれば、人質を救出するためにいつでも現地に赴きます!早くご下命を!」というぐらいの勢いだったはず。いつ何が起こってもいいように物心両面の準備をしていたと思います。

でもこれらの「絶対許せない」とか、憎悪の感情ばかりでいいことは起こりません。
そうして相手を傷つけ、再び憎悪を繰り返し増幅させるようでは意味がないと考えます。

テロリズムとは思想です。
意思表示の一つ、不平不満が高まって起こります。
はじめから“テロリスト”なんていう人種がいるわけではないのです。

手段なんです。 意思表示の。

赤ちゃんが泣きわめくのと同じなんです。
何かを訴えかけてるんです。

それをちゃんと聞いてあげなければいけません。

ちゃんと話を聞いてくれなければ、意思を伝える方法として暴力的になってしまいます。
それをおさえこもうと圧力をかければかけるほど反発力が強くなります。

アメリカ主導の抑え込みの戦略はもういいんじゃないですかね。


今回の件も、メディアはこぞって国民感情を掻き立てるような記事を書きますが、もっと冷静になりましょう。
ここで日本も欧米諸国と同じように参加すれば、同じことが起こります。



相手の意見を聞いてあげる。

あか鬼の子がまた周りに暴力を振るわないように。


お互いに認め合う。
自分たちの考えが間違いだったと認め合う。
すべてを許す。

最大の愛を与えてほしいと思います。

愛し合うとは許すこと。


どうか、お互い許し合える日がきますように。


お願いします。





ふくはーうち
お兄もーうち





T,Hama
[PR]
by hama-coffee | 2015-02-05 05:04 | 日常のこと | Comments(0)
<< 改心!改新!!回診!? ちゃるめら >>