大阪の珈琲専門店【煎りたてハマ珈琲】の代表 濱卓也の個人ブログ。珈琲に関することや珈琲以外のことも書きます。
by 濱卓也
ブログパーツ
フォロー中のブログ
橋本健二の目
そぼくなおかし。
-------------------

煎りたてハマ珈琲
自家焙煎
煎りたてハマ珈琲


【喫茶の営業時間】
11:00~18:00
(L,O 17:30)
【コーヒー豆の販売時間】
09:00~18:00

【定休日】
毎週 木曜日

【電話】
06-6967-9080


hamacoffeeをフォローしましょうhamacoffeeをフォローしてちょんまげ

ランキング参加してます。もしよければちょっとだけクリックお願いします
↑ブログランキング参加してます。ぜひクリックお願いします。
ライフログ
カテゴリ
コーヒー豆
メニュー
焙煎機
日常のこと
ニュース
イベント
こだわり
器具について
珈琲教室
休日のできごと
おしらせ
メディア
キャメラ
コーヒー栽培
どーでもいい話
落語
ハマ珈琲の珈琲が飲める店
煎りたて新聞
教室受講者のお店
質問コーナー
内装
工事
エスプレッソニュース
その他
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
記事ランキング
画像一覧
粉の粗さについて
「粉の粗さはどれぐらいがいいの?」

お客様から粉の粗さについての質問がよくあるので、ちょいと書いておきたいとおもいます。



珈琲の生豆は、珈琲らしい味も香りもありません。

焙煎をすることで珈琲らしい香味を備えることになるのですが、そもそも、なぜ珈琲豆を粉にするか?っちゅうと、
焙煎した豆の珈琲からコーヒーエキスを抽出する際に、豆のままお湯につけても早く抽出してくれないので、粉にして豆の表面積を増やしてさっさと抽出してやろう!っちゅうわけなんです。

粉にすると、お湯にあたる面積が豆のときに比べて1000倍近くに増えるといわれてます。
(ちゃんと測ったことがないので何とも言えませんが、粉の細かさによっては数千倍にもなると思われます。)

これを、違った角度で見てみると、珈琲豆を買う時にお店で粉にしてもらってる人は、豆のままで買ってる人に比べると、買った時点ですでに表面積が数千倍違うわけです。
ということは、空気に触れる面積がとてつもなく広くなったので一気に香りが空気中に放出されます。
ということは、香りの抜け方・鮮度の落ちる速さが、豆のときと比べて数千倍速い。ということが言えるのです。
せっかく煎りたての豆を買ったとしても、それは秒単位でどんどん抜けていってるのです。
なんと、もったいないことでしょう


…少し話が脱線しましたが、

要するに、
粉にすると豆のときと比べて表面積がものすごく増える
    ↓
それだけお湯にかかる面積が増える
    ↓
早く抽出が行われる。 ということです。

ともかく、細かくすればするほど、より早く、より濃いエキスが抽出されるんです。
ということは、濃いぃ珈琲が好きな人は、細かく挽いて点てればいぃ感じなるはずです。


巷のコーヒー屋でよくやってる「ペーパードリップ用にお挽きしておきましょうか?」っていういらんサービスも、さも“ペーパードリップ用”の粉の粗さがあるかのように言うてますが、そんなもんはないんです。
そんな決まりはどこにもないです。

粗くても細かくてもOKなんです。

要は、「自分がどんな味が好きか?」によって決まりますので、粉の粗さは人それぞれあっていいんです。
珈琲なんてそもそも好きなようにやんなはれ って飲み物なので、どうぞご自由に。

「どうぞご自由」にやればいいんですが、まったく初めての人とか「ミルを買ったばかりで一体どうすればいいんじゃい?」という人のために、一応珈琲屋として「これぐらいにすればいいんじゃないの?」という“目安”的なものをお伝えしております。

一般的な粗さの例えは以下の通りです。

d0158298_22132430.jpg←グラニュー糖か
それよりやや細かいぐらい
d0158298_22141541.jpg←グラニュー糖とザラメとの間ぐらい
d0158298_22142559.jpg←ザラメぐらいの粗さ


概ねこんなもんです。

初めはだいたいペーパーやらコーヒーメーカーやらで点てると思うのですが、中挽きぐらいがいいんじゃないかと、思います。
(…と、ここだけ読むと、「あ、ペーパーは“中挽き”がいいんだ」と思われる方が多いのですが、決してそういうわけではありませんよ。)

そして、初めミルを購入した人は、さっそく大きな問題に直面します。
それはどういう問題かというと、
■ミルの調節の仕方が分からない。
■調節の方法はわかっても、いったいどれぐらいの粗さに調節したらいいのかよく分からない。
■そもそも、自分はどういう味の珈琲が好きなのか、好みがよく分かってない。
という問題です。



と、ここまで書いておいてアレなんですが、
この先が長くなってしまいそうな予感がするので、今日はこの辺で。
続きはまた近々UPします。





あ、ミルをお持ちではない方、ぜひ一家に一台はお持ちください!

一体どんなミルを買えばいいか分からないというひとは、吾輩が自信を持ってお勧めするコーヒーミルがあります!
d0158298_0123436.jpg

シンプル!持ちやすい!ロスなく短時間で挽ける!収納場所をとらない!
ポーレックスセラミックミル


え? どこに売ってるかって?

こないだ行った大阪のハマ珈琲ってところで売ってましたよー



では、よい日曜日を




あ、
来年1月スカパーチャンネルのテレビショッピングに出ることになりました。
2~3分ですが、
月・木の4週連続ですが、

ま、ここで書くこともないんですが

[PR]
by hama-coffee | 2013-10-27 00:31 | コーヒー豆 | Comments(0)
<< 珈琲と迫撃砲 ブラジル・サントアントニオ・プ... >>