大阪の珈琲専門店【煎りたてハマ珈琲】の代表 濱卓也の個人ブログ。珈琲に関することや珈琲以外のことも書きます。
by 濱卓也
ブログパーツ
フォロー中のブログ
橋本健二の目
そぼくなおかし。パン。
-------------------

煎りたてハマ珈琲
自家焙煎
煎りたてハマ珈琲


【喫茶の営業時間】
11:00~18:00
(L,O 17:30)
【コーヒー豆の販売時間】
09:00~18:00

【定休日】
毎週 木曜日

【電話】
06-6967-9080


hamacoffeeをフォローしましょうhamacoffeeをフォローしてちょんまげ

ランキング参加してます。もしよければちょっとだけクリックお願いします
↑ブログランキング参加してます。ぜひクリックお願いします。
ライフログ
カテゴリ
コーヒー豆
メニュー
焙煎機
日常のこと
ニュース
イベント
こだわり
器具について
珈琲教室
休日のできごと
おしらせ
メディア
キャメラ
コーヒー栽培
どーでもいい話
落語
ハマ珈琲の珈琲が飲める店
煎りたて新聞
教室受講者のお店
質問コーナー
内装
工事
エスプレッソニュース
その他
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
記事ランキング
画像一覧
<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
珈琲豆の買い方
こんばんは
めっきり寒くなりましたね。
最近また、珈琲豆を買いに来てくださる方が多くなりました。
・・・なーんて書くと珈琲屋のブログみたいでしょ


今まではハマ珈琲で飲んでいただいてた方も豆で買うようになった方が増えた気がします。
改装して客席数が減ったからやろ!とおこられそうですが・・・

また、初めて来店された方はコーヒーを飲みながら、あれやこれやとコーヒー談義をしながら豆を選んでいただいたり。
そういう中で、珈琲豆選びのお手伝いとしていくつかアドバイスをさせていただいてるのです
が、その内容(ポイント)のいくつかをいくつか紹介します。
この話は非常に長くなるので、いくつかに分けて書くと思います。

いや、まるで珈琲屋のブログみたい

-----------------------------------

コーヒー屋さんに豆を行ったとき、皆さんはいったいどのように商品を選んでおられますか?

モカやキリマンのように産地や銘柄?
値段を参考にしますか?
高い豆がいい?それとも安い豆?
豆のグレードをみますか?
No1や、AAといったのが表示してあるもの?
スペシャルティや、フェアトレードなど、誰かのお墨付きがついたものや生産者支援などの付加価値がついた商品?

ま、こういう情報は参考ていどにしていただければと思います。
やっぱり飲んでみて自分がおいしいと思える珈琲がいいですよね

じゃ、おいしい珈琲っていったいどういうコーヒーでしょうか?

一言で言うのはなかなか難しいですが、やはり“鮮度”でしょう。
もし、いま家で飲んでる珈琲が、インスタントコーヒーとか、お店で粉にして買う人は、まずミルを買ってください。
そこからがスタートです。
店で粉にしてしまうと秒単位で酸化していくので、一瞬で風味も抜けてしまいますのでオススメできないですね。

ミルはどれでもいいかというと、いくつかポイントがあります。
下手なモノを買えば、なかなか粉にできなくて、リラックスするはずの珈琲タイムの前に1回余計にイラッとしてしまいますからね。
もし、ミルの選び方が分からない方は、ポーレックスのミル。これは超オススメです。
持ちやすいし、粉にする時間も他のミルに比べて早い。粉の精度が均一。荒さの調整も調節ネジを回すだけなので簡単。

忙しい人には電動もいいですが、電動のプロペラ式のものは荒さの調節が均一に挽けませんからあまりおすすめしてません。でも、粉で買うことを考えるとそれよりは1000倍マシなので、もし使ってる方はそれでもいいと思います。
あとでいろいろ使えたりもしますんで。僕は今珈琲以外で使ってます。
あとは、予算や生活スタイルによってもおすすめのミルはちょっとずつ違ったりします。
ミルについてはまた次回以降に詳しく書きたいと思います。

はい、これで3分の1クリアです。

そして次は、豆です。
普段から豆で買ってる方。
もしいつ買ったモノなのか、いつ焙煎した豆なのか分からないものを使っているのであれば、焙煎してから日にちが経っていない鮮度が良い豆を使うようにしてください。
当然、粉にするのは飲む直前です。

はい、これで3分の2クリアです。

あとは、抽出です。
家に抽出器具があって、今まで使っている方法があればそれでOKです。
今まで通り抽出してみてください。
もし、今までコーヒーの鮮度を気にしたことが無い方は、それだけで今よりはじゅうぶんおいしくなります。
横に置いて一度試してもらえればすぐ分かると思います。

この、“抽出”の段階で極端においしくなったり不味くなったりすることはありません。
効率よく抽出できるかできないかの違いです。それは結局珈琲液の濃さのことです。
豆に含まれているもの以外はでてきませんので、味自体はすでに決まっているのです。
おいしい珈琲を点てるには、こーやってあーやって・・・と、色々難しく書いてる人もいますが、物理的に珈琲豆のエキスを抽出してやればいいので何も難しいことはありません。
それをいかに抽出するかということだけです。

-----------------------------------------

もし、抽出器具を何も持っていない人は、ちょっと変わった淹れ方を・・・。
まず、ドリッパーとペーパーフィルタを買ってください。
あと、コーヒーカップと、コーヒーサーバ(大きいマグカップなどでもOK)、デジタルスケール(計り)と、キッチンタイマー、お湯。
(タイマーは2分でカウントダウンできるようにしておく)

細口のドリップポットとかいらないです。
あってもいいですが今回はなくてもいい方法。

①お湯を準備する(電気ポットでもやかんでもなんでもOKです)
②粉を準備する(1杯あたり約10gちょいの珈琲豆を粉にしてください。豆の量は好みにより増減させてください。)
荒さも、はじめはちょっと細かいかな?ってぐらいでOK。濃ければあとで少し粗くしてください。
③コーヒーサーバを温めます。
そして、粉をフィルターにセットして・・・と、普通はいくところなんですが、
④暖めたコーヒーサーバに粉を入れます。

このときはまだお湯は入れないでくださいね

⑤サーバに粉を入れたら、デジタルスケールに置き、目盛りをリセット「0」にします。
⑥粉が入ったサーバに直接お湯を入れていきます。
お湯は1cc=1g ですので簡単に湯量がわかります。
⑦はじめ、50~60ccぐらいお湯を入れてからサーバをぐるぐる回し、粉と湯を混ぜあわせます。
⑧ここでタイマースタート。(2分)
⑨お湯の量は、出来上がりの量+粉とペーパーが吸う分です。
出来上がり150ccなら150gだけじゃだいぶ少なくなりますので、あとでフィルターで濾過するので、粉とペーパーが吸う分を多めに入れます。だいたい40gほど多めにします。
なので、湯量は190ccぐらいにしましょう。
⑩湯を入れたらもう一度ぐるぐる回して撹拌、
⑪タイマーが鳴るまでの間、自由時間。

⑫2分経てば、カップの上にドリッパーを置いて粉を濾していきましょう。
d0158298_23405616.jpg

⑬全部落ちきったら出来上がりです!

初めてするときは、一応、濾過される時間を計ってみましょう。
濾過が終わるまで1分ぐらいかかると思います。
それより短かった場合は、前半の時間を長くして全体で3分ぐらいになるよう次から調整してください。

2杯以上同時に作るときは、粉の量と湯量を杯数に応じて増やします。
粉が吸う分も増えますので、出来上がりの量+50㏄とか、粉の量に応じて若干増やす必要があります。

抽出時間は同じ2分でOKです。

以上、ハマ式抽出法でした。

こういうのは一般的に浸漬法といい、サイフォンやフレンチプレスもこれにあたります。
でも、その両方の良いとこ取りしたのがこの方法です。
ペーパーとかサイフォンとか、カテゴライズされた方法でなくても良い珈琲を淹れることはできます。

特別高価な道具を必要とせずに、特別難しい技術もいりません。
また、抽出している間も、ちょこっとした用事をすることもできます。

ぜひ一度お試しあれー

-------------------------------------------------


そして、最近ハヤリの付加価値のついた豆があたかもおいしいような宣伝文句と共に売られています。
そういう宣伝文句にはぜひだまされないようにして下さい。

これについてはまたの機会にでも、、

-------------------------------------------------

煎りたてハマ珈琲では、珈琲講座を開催しております。
家でもできる、焙煎から抽出までの一連の流れを習得していただけます。

12月以降も開催しますが、まだ予定をアップしてませんので、早急にアップします。
またホームページをご確認下さい。

http://hama-coffee.ocnk.net/
------------------------------------
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-26 23:42 | コーヒー豆 | Comments(0)
二輪車への偏見
昨日はほんと良い天気でしたね。
行楽日和、マラソン日和!!
今日は雨ですが・・・。

この週末、京都へ奈良へ紅葉を観に行かれた方も多いと思います。

僕はこないだの木曜日、
太古の昔、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、言わば化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものを燃やし、二酸化炭素や窒素酸化物などを大気中に放出することによって、僕はカッコつけて箕面へいってきました。

すると、箕面の滝へ向かう道にこんな標識が、、、

d0158298_1382342.jpg


の、の、の~~!!?いったいどういうこと?

まったく意味不明

ま、もちろん行きましたが、、、

どうたら昔はローリング族や暴走族の取締りのために都市部に近い峠道などで規制されたらしい。それが今もずっと残ってる
http://www.nmca.gr.jp/society/roadinfo/201207.html


でも、この道は亀岡方面へ抜ける交通の要所でもあり、また勝尾寺や箕面の滝など観光スポットへも二輪車では行けないことになる。
でも、一般のライダーもたくさん走ってたし箕面の滝の近くにあった箕面野猿管理事務所ってとこにはカブが3台ぐらいとまってた。
あれはどうやってここまで来たのか?

ということで、こういう時代に合ってない規制はとっとと解除してほしいもんです。
大阪府は二輪車への規制箇所が全国で一番多い。

地元住民からの苦情などで柔軟に対応(規制)したのなら、柔軟な姿勢で解除してほしい。

そもそも、暴走族がくるからとか、ローリング族が多いからといった理由で『二輪車終日通行禁止』はおかしいでしょ
一般の善良な市民だって二輪車利用するわけやし
じゃもし四輪のローリング族が多くなったら、四輪終日通行禁止にするか?っちゅう話ですよね。


他にも、跨線橋や地下道でも、「二輪は危険だから」って理由で「(二輪車乗りのことを思って)禁止してやってるんだ」ってところもいっぱいある。
じゃ、四輪車は安全なのか?
バイク乗りに言わせれば、よけいなお世話です。
原付自転車の最高速度を30km/hに制限していることも。

たしかに
二輪車はちょっとした事故でも自分がケガをする確率は高い。
バイクに乗ってる人は、そのことはある程度は自覚した上で乗っているはずです。

四輪車はちょっとした事故でもケガをさせる確率は高い。
だから二輪車も四輪車もどっちも危ないんです。
そのことちゃんと自覚してのってますか?

なのに、四輪車は安全だとかいう考え方そのものが危ないと思うわけです。

本当に危険を回避させたいと思うなら、すべての車を最高速度を30km/hに制限すればいいんじゃないですか??橋下さん



d0158298_15203120.jpg

こうしてやりました
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-26 15:28 | 休日のできごと | Comments(0)
自家焙煎を始めようとお考えの全国の皆様へ
コーヒーは鮮度が命です。

珈琲の鮮度とは、焙煎してからどれぐらい時間が経過したかということ。

鮮度のいい珈琲は変な苦みやえぐい感じがなく、素材の放つ素晴らしい香りとしっかりとしたボディ、すっきりした後味があります。

珈琲の鮮度を保つにはこまめに焙煎する必要があります。
大型焙煎機を使用してまとめて焙煎したりすると、いくらうまく焼けたとしても時間が経てば酸化してしまいます。

自家焙煎店を始めるうえで必要なのは、そのお店の規模に合った容量の焙煎機です。
煎りたてハマ珈琲では、小~中規模店舗での使用に最適な1㎏焙煎機【HCR-1000(仮名)】を受注生産しております。

d0158298_1564239.jpg


■生豆100g~1200gまで焙煎可能
■ドラム、冷却箱など、豆が長時間接する個所はステンレス製
■市販品も流用し低価格を実現
■【フルセット】、【本体・サイクロンのみ】、【本体のみ】からお選びいただけます。


「お店でふだん使う豆(200g~600gぐらい)がさくっと焙煎できる焙煎機がほしい」
「大手の焙煎機は高すぎる」
「排気機能がある機材がいい」
そんな方に、おすすめです。



これから自家焙煎店を開業しようと計画中のみなさまに、1㎏以下の少量焙煎に優れた、十分な排気能力を備えたHCR-1000をぜひ使っていただきたいと思います。
お近くであれば消耗品の交換など、メンテナンスもさせていただきます。
遠方の方は、詳しい説明をさせていただきます。

お問い合わせは、煎りたてハマ珈琲までメールでお願いします。
master@hama-coffee.ocnk.net
タイトルに『焙煎機』と明記し、お名前、ご住所、お電話番号をご明記下さい。

HCR-1000 で焙煎した豆もサンプルとして数点お送りさせていただきます。
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-18 19:17 | 焙煎機 | Comments(0)
太古の昔からの恩恵
今日は寒かったですね~

11月にはいってもなかなか灯油売りのおっちゃんがやってきてくれないので、ハマ珈琲は今日も異常なく常温以下でした。

今日の夕方、やっと灯油のおっちゃんがやってきてくれたんで、もう大丈夫です
これでようやくハマ珈琲にもぬくもりが。
へっへーん

・・・しかし、よく考えてみると、
太古の昔、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、言わば化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものを燃やし、二酸化炭素や窒素酸化物などを大気中に放出することによって僕は暖をとるわけである。

僕が一時的に寒さをしのぐためにこの地球の何億年もの時間をかけてつくられた燃料を一瞬によって燃やしているのである。

ああ、なんということ。
僕がもう少し我慢強ければ

僕がカッコつけてバイクに乗ってお出かけするのも、
太古の昔、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、言わば化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものを燃やし、二酸化炭素や窒素酸化物などを大気中に放出することによって、僕はカッコつけて移動しているわけである。

ああ、なんということ。
僕がもう少しカッコ良ければ・・・いや、足が速ければ

この冬も節電の冬と言われてますが、「エコな暖房」とか言うなら、もう少し我慢強くなりましょう。

どうせ家庭で使う電気もいまや、
太古の昔、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸・・・ (中略) ・・・を大気中に放出することによって発電しているわけでしょ?

ああ、なんということ。
体を動かしましょう。寒さに弱い人は走りましょう。

地球が誕生して間もないころは、動物が生きていけないほど二酸化炭素濃度が高かったみたいですね。
言い換えれば、長い時間かけられて動植物が吸収することによって地中に埋められた二酸化炭素や硫黄酸化物など有害な物質を、現代人が掘り返しているということだそうです。
このままいくと、太古の大気の状態に戻るんじゃないでしょうか?

でも「脱原発=化石燃料」というのはどうも・・・
なので、その間をとって「脱原発+脱化石燃料=人力+馬力+ぜんまい」 というのはどうでしょう?石原さん

でも現実的じゃないですよね

-----------------------------------
今日の珈琲講座は、基礎-④でした。
世界の各生産国の珈琲飲み比べ

地域ごとに分けた7種類の産地の生豆を別々に焙煎。
それぞれ抽出してカッピング

なかなか濃いぃ内容でした。
d0158298_1382937.jpg


ということで、本日も、
『太古の昔、地質時代のモノ』を熱源にして、生豆を焙煎したりお湯を沸かしたりして珈琲教室をおこないました。

ああ、なんということ。
僕がもっとアツければ・・・
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-15 02:01 | 珈琲教室 | Comments(0)
かおり
お店を閉めてから梅田に行った

駐輪場にバイクを停めてヨドバシカメラに入っていくと、入り口付近でにおいがした

一言でいうと地下鉄のにおい

それは地下から上がってきた雑踏のにおいというか、
機械のにおいというか、
今、ふとすれちがった人間のにおいかもしれないけど、なにか都会的な感じがした。
d0158298_164750.jpg


こんな感じで今すれちがった人は、
「あれ、今なんか珈琲の香りがしたような・・・?」

と思ってるかもしれない
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-10 01:12 | 日常のこと | Comments(0)
今まで珈琲つくっててほんとよかった と思える瞬間
今日、ご来店いただいたすこし年配のお客様に言われた
本日いちばんうれしかった一言


「砂糖とかミルク入れたら味が消えるって意味がよーわかったわぁ」


ありがとうございます
d0158298_1213585.jpg

ホンジュラスSHB
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-08 01:28 | 日常のこと | Comments(0)
味の再現
本日もたくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。
11月からは珈琲豆の販売に力を入れております。

今までのような(喫茶店)感覚で入って来られて、今までの雰囲気と変わった店内の様子に、一瞬「え?どこに座ったらええの?」と聞かれる方もおられましたが、どこに座っていただいてもかまいませんよ。
立って飲んでいただいてもかまいません

雰囲気は変わりましたが、今まで通り作らせていただきますので
喫茶チェーン店のような上品なサービスはありませんが、
口も達者ではありませんが、
それぞれお客様のお口に合った珈琲を一緒に探させていただきます。
そして、その味を自宅やオフィスなどで再現できるようにすることが、煎りたてハマ珈琲の使命だと思っております。

ぜひ試飲感覚でお気軽にお越しくださいませ。

d0158298_23522816.jpg

[PR]
by hama-coffee | 2012-11-04 23:54 | メニュー | Comments(0)
クレジットカードでのお支払いが可能になりました
ハマ珈琲では、11月1日よりオンラインショップでのお買い物の際の決済方法が、今までの【銀行振込】【郵便振替】【商品代引】に加え、【クレジットカード】でのお支払ができるようになりました。

ご利用可能なカードは、VISA,Master,JCB,AMEXです。
d0158298_234918.jpg

ぜひご利用ください。
http://hama-coffee.ocnk.net/
-----------------------------
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-03 23:42 | おしらせ | Comments(0)
シフォンとカフェ Chifoll
こんばんは
寒くなってまいりました
お鍋の季節ですね
そして、これからは珈琲のおいしい季節でもあります。

先月も少し紹介しましたが、この夏に珈琲教室を受けていただいた方が、東生駒で『シフォンとカフェChifoll』というお店をはじめたのですが、昨日も奈良方面に行く用事があり、またまた寄ってきました。

ここのシフォンケーキは、生クリームをつけなくてもそのままで十分おいしく食べれる
d0158298_21392975.jpg


そして、もう一つ力を入れてるのはこのスコーン
これは生クリームにメープルシロップを合わせて出してくれる。
d0158298_21405083.jpg

これがめちゃめちゃうまい

スコーンとシフォンケーキはお持ち帰りもできます
■スコーン(プレーン) ¥200
■シフォン各種 ¥230~
安い!

奈良・生駒方面へお出かけの際はぜひお立ち寄りください~
d0158298_21491411.jpg


こちらのお店では、ハマ珈琲の豆を使っていただいてます
ありがとうございます!

--------------------
煎りたてハマ珈琲では、カフェ・飲食店さまへの卸販売もしております。
他店と差異化を図りたいと考えておられる経営者様からのご相談お待ちしております。
お店のコンセプトやご要望などお伝えください。

お問い合わせはお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

また、お勤め先などで珈琲をよく飲む方には、職場への珈琲豆の発送もさせていただいております。
煎りたての新鮮な珈琲で仕事の効率UP!! になるかもしれないですよー
http://hama-coffee.ocnk.net/
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-02 22:58 | ハマ珈琲の珈琲が飲める店 | Comments(2)