大阪の珈琲専門店【煎りたてハマ珈琲】の代表 濱卓也の個人ブログ。珈琲に関することや珈琲以外のことも書きます。
by 濱卓也
ブログパーツ
お気に入りブログ
橋本健二の目
そぼくなおかし。パン。
-------------------

煎りたてハマ珈琲
自家焙煎
煎りたてハマ珈琲


【喫茶の営業時間】
11:00~18:00
(L,O 17:30)
【コーヒー豆の販売時間】
09:00~18:00

【定休日】
毎週 木曜日

【電話】
06-6967-9080


hamacoffeeをフォローしましょうhamacoffeeをフォローしてちょんまげ

ランキング参加してます。もしよければちょっとだけクリックお願いします
↑ブログランキング参加してます。ぜひクリックお願いします。
ライフログ
カテゴリ
コーヒー豆
メニュー
焙煎機
日常のこと
ニュース
イベント
こだわり
器具について
珈琲教室
休日のできごと
おしらせ
メディア
キャメラ
コーヒー栽培
どーでもいい話
落語
ハマ珈琲の珈琲が飲める店
煎りたて新聞
教室受講者のお店
質問コーナー
内装
工事
エスプレッソニュース
その他
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
記事ランキング
画像一覧
珈琲豆の買い方
こんばんは
めっきり寒くなりましたね。
最近また、珈琲豆を買いに来てくださる方が多くなりました。
・・・なーんて書くと珈琲屋のブログみたいでしょ


今まではハマ珈琲で飲んでいただいてた方も豆で買うようになった方が増えた気がします。
改装して客席数が減ったからやろ!とおこられそうですが・・・

また、初めて来店された方はコーヒーを飲みながら、あれやこれやとコーヒー談義をしながら豆を選んでいただいたり。
そういう中で、珈琲豆選びのお手伝いとしていくつかアドバイスをさせていただいてるのです
が、その内容(ポイント)のいくつかをいくつか紹介します。
この話は非常に長くなるので、いくつかに分けて書くと思います。

いや、まるで珈琲屋のブログみたい

-----------------------------------

コーヒー屋さんに豆を行ったとき、皆さんはいったいどのように商品を選んでおられますか?

モカやキリマンのように産地や銘柄?
値段を参考にしますか?
高い豆がいい?それとも安い豆?
豆のグレードをみますか?
No1や、AAといったのが表示してあるもの?
スペシャルティや、フェアトレードなど、誰かのお墨付きがついたものや生産者支援などの付加価値がついた商品?

ま、こういう情報は参考ていどにしていただければと思います。
やっぱり飲んでみて自分がおいしいと思える珈琲がいいですよね

じゃ、おいしい珈琲っていったいどういうコーヒーでしょうか?

一言で言うのはなかなか難しいですが、やはり“鮮度”でしょう。
もし、いま家で飲んでる珈琲が、インスタントコーヒーとか、お店で粉にして買う人は、まずミルを買ってください。
そこからがスタートです。
店で粉にしてしまうと秒単位で酸化していくので、一瞬で風味も抜けてしまいますのでオススメできないですね。

ミルはどれでもいいかというと、いくつかポイントがあります。
下手なモノを買えば、なかなか粉にできなくて、リラックスするはずの珈琲タイムの前に1回余計にイラッとしてしまいますからね。
もし、ミルの選び方が分からない方は、ポーレックスのミル。これは超オススメです。
持ちやすいし、粉にする時間も他のミルに比べて早い。粉の精度が均一。荒さの調整も調節ネジを回すだけなので簡単。

忙しい人には電動もいいですが、電動のプロペラ式のものは荒さの調節が均一に挽けませんからあまりおすすめしてません。でも、粉で買うことを考えるとそれよりは1000倍マシなので、もし使ってる方はそれでもいいと思います。
あとでいろいろ使えたりもしますんで。僕は今珈琲以外で使ってます。
あとは、予算や生活スタイルによってもおすすめのミルはちょっとずつ違ったりします。
ミルについてはまた次回以降に詳しく書きたいと思います。

はい、これで3分の1クリアです。

そして次は、豆です。
普段から豆で買ってる方。
もしいつ買ったモノなのか、いつ焙煎した豆なのか分からないものを使っているのであれば、焙煎してから日にちが経っていない鮮度が良い豆を使うようにしてください。
当然、粉にするのは飲む直前です。

はい、これで3分の2クリアです。

あとは、抽出です。
家に抽出器具があって、今まで使っている方法があればそれでOKです。
今まで通り抽出してみてください。
もし、今までコーヒーの鮮度を気にしたことが無い方は、それだけで今よりはじゅうぶんおいしくなります。
横に置いて一度試してもらえればすぐ分かると思います。

この、“抽出”の段階で極端においしくなったり不味くなったりすることはありません。
効率よく抽出できるかできないかの違いです。それは結局珈琲液の濃さのことです。
豆に含まれているもの以外はでてきませんので、味自体はすでに決まっているのです。
おいしい珈琲を点てるには、こーやってあーやって・・・と、色々難しく書いてる人もいますが、物理的に珈琲豆のエキスを抽出してやればいいので何も難しいことはありません。
それをいかに抽出するかということだけです。

-----------------------------------------

もし、抽出器具を何も持っていない人は、ちょっと変わった淹れ方を・・・。
まず、ドリッパーとペーパーフィルタを買ってください。
あと、コーヒーカップと、コーヒーサーバ(大きいマグカップなどでもOK)、デジタルスケール(計り)と、キッチンタイマー、お湯。
(タイマーは2分でカウントダウンできるようにしておく)

細口のドリップポットとかいらないです。
あってもいいですが今回はなくてもいい方法。

①お湯を準備する(電気ポットでもやかんでもなんでもOKです)
②粉を準備する(1杯あたり約10gちょいの珈琲豆を粉にしてください。豆の量は好みにより増減させてください。)
荒さも、はじめはちょっと細かいかな?ってぐらいでOK。濃ければあとで少し粗くしてください。
③コーヒーサーバを温めます。
そして、粉をフィルターにセットして・・・と、普通はいくところなんですが、
④暖めたコーヒーサーバに粉を入れます。

このときはまだお湯は入れないでくださいね

⑤サーバに粉を入れたら、デジタルスケールに置き、目盛りをリセット「0」にします。
⑥粉が入ったサーバに直接お湯を入れていきます。
お湯は1cc=1g ですので簡単に湯量がわかります。
⑦はじめ、50~60ccぐらいお湯を入れてからサーバをぐるぐる回し、粉と湯を混ぜあわせます。
⑧ここでタイマースタート。(2分)
⑨お湯の量は、出来上がりの量+粉とペーパーが吸う分です。
出来上がり150ccなら150gだけじゃだいぶ少なくなりますので、あとでフィルターで濾過するので、粉とペーパーが吸う分を多めに入れます。だいたい40gほど多めにします。
なので、湯量は190ccぐらいにしましょう。
⑩湯を入れたらもう一度ぐるぐる回して撹拌、
⑪タイマーが鳴るまでの間、自由時間。

⑫2分経てば、カップの上にドリッパーを置いて粉を濾していきましょう。
d0158298_23405616.jpg

⑬全部落ちきったら出来上がりです!

初めてするときは、一応、濾過される時間を計ってみましょう。
濾過が終わるまで1分ぐらいかかると思います。
それより短かった場合は、前半の時間を長くして全体で3分ぐらいになるよう次から調整してください。

2杯以上同時に作るときは、粉の量と湯量を杯数に応じて増やします。
粉が吸う分も増えますので、出来上がりの量+50㏄とか、粉の量に応じて若干増やす必要があります。

抽出時間は同じ2分でOKです。

以上、ハマ式抽出法でした。

こういうのは一般的に浸漬法といい、サイフォンやフレンチプレスもこれにあたります。
でも、その両方の良いとこ取りしたのがこの方法です。
ペーパーとかサイフォンとか、カテゴライズされた方法でなくても良い珈琲を淹れることはできます。

特別高価な道具を必要とせずに、特別難しい技術もいりません。
また、抽出している間も、ちょこっとした用事をすることもできます。

ぜひ一度お試しあれー

-------------------------------------------------


そして、最近ハヤリの付加価値のついた豆があたかもおいしいような宣伝文句と共に売られています。
そういう宣伝文句にはぜひだまされないようにして下さい。

これについてはまたの機会にでも、、

-------------------------------------------------

煎りたてハマ珈琲では、珈琲講座を開催しております。
家でもできる、焙煎から抽出までの一連の流れを習得していただけます。

12月以降も開催しますが、まだ予定をアップしてませんので、早急にアップします。
またホームページをご確認下さい。

http://hama-coffee.ocnk.net/
------------------------------------
[PR]
by hama-coffee | 2012-11-26 23:42 | コーヒー豆 | Comments(0)
<< マニフェスト 二輪車への偏見 >>